SDGs 環境への取組

私たち石井造園株式会社は造園業に携わる者として、環境問題への取組は責務だと感じております。私達のような小さな企業が出来ることは小さなことかもしれませんが、スタッフ全員が環境問題を自分のこととして意識し、普段の活動の中で出来ることを一歩ずつ一歩ずつ取組、挑戦してゆきたいと考えております。


親子で体験!いたち川クリーンアップ 9.20

稲荷森の水辺広場に集合して、いたち川沿いの清掃活動を行います。今回は、ポケごみ Team 358との合同企画。WCD2020として実施します。
*WORLD CLEANUP DAY は世界180か国以上で開催されるごみ拾いイベントです。日本では、日本財団、NPO法人海さくら、WORLD CLEANUP DAY 2020日本事務局が中心となって開催するイベントになります。地域の皆さんの参加をお待ちしております。

参加エントリー詳細は以下のページから

https://blueshipjapan.com/event/5707


カーボンオフセット大賞 受賞

2017年12月8日エコプロ2017にてカーボンオフセット大賞優秀賞を頂きました。
カーボンオフセット大賞は、低炭素社会の実現に向けて優れたカーボンオフセットの取組を行う会社を奨励表彰するものです。
弊社は『石井造園の事業に関わるCO2のカーボンオフセット』の案件で、通年事業のカーボンオフセットの取り組みとクレジット購入によるカーボンニュートラルや緑化基金活動、年間500~1000本の苗木無料配布活動を評価いただきました。

エコプロ2017授賞式

エコプロ2017授賞式

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大賞である環境大臣賞は、佐川急便株式会社さんの受賞となりました。
『業界初 カーボンニュートラル宅配便』の案件でした。
特定の事業所人力や環境対応車での配送割合を増やし、CO2削減が困難な部分では佐川林業株式会社さんのオフセットクレジットを購入して、カーボンニュートラルを実現した事での表彰でした。

今後とも石井造園は「ついでに、(本業を通じた)無理なく(時間と経費を掛けない小さな活動を多く展開する)、達成感(活動が運動に展開し、社会的現象になることを願い)のある活動」を合言葉に環境に関わる取り組みを続けていきたいと思います。

 

栄区の小山内区長に報告しました!!

栄区の小山内区長に報告しました!!

建通新聞に掲載されました!

建通新聞に掲載されました!

 


横浜環境活動賞の受賞について

この度、横浜環境活動賞審査委員会の審査を経て、実践賞を受賞しましたのでご報告致します。
2008年度から独自の緑化基金を行っており、地域の皆様のために使っています。 たとえば、今回の市民の部応募団体への支援や、小学校のトンボ池の修繕やプランターの寄贈を行いました。 自然観察会や廃棄するはずの木材でのネームプレート作りなど、地域の小学生への環境教育を行っています。 緑化基金で、保育園のビオトープ増設など環境教育の場づくりも行い、子どもたちが生物多様性について学ぶ機会を与えています。 市民の方に毎年500~1000本ほどの苗木を無料で配布し、緑を広げています。 これらの取組は、ホームページやCSR報告会等を通して、情報発信しています。 また、公園再整備工事で排出されたCO2をオフセットしました。 そこでオフセットするのにかかった費用と同額を海洋植物の育成を行っているNPOに寄付しました。 ついでに、無理なく、達成感のある活動を合言葉に、また地域住民に頼られる存在として、本業を通じた環境活動に地域で取り組んでいきます。

 

横浜市記者発表資料

横浜市記者発表資料

受賞者概要資料

受賞者概要資料

 


「カーボンオフセット」と「横浜ブルーカーボン」への寄付について

低炭素化社会構築と地域の環境活動支援を目指した取り組みとして、地元横浜市内の施工業務によって排出されるCO2全量につきカーボン・オフセット(打ち消し活動)を行いました。
カーボン・オフセットの実施方法として、被災地の森林等におけるCO2吸収量(クレジット)を活用するとともに、 海洋資源を活用した脱温暖化プロジェクト『横浜ブルーカーボン』にも貢献する形を採用した企業は、横浜市内で初めての事例です。

 

カーボン・オフセットに活用したクレジットは、被災地である宮城県登米市の森林組合による森林育成事業のCO2吸収量のほか、 埼玉県の印刷工場におけるボイラー更新によるCO2削減活動によるクレジットを活用しました。これらのクレジット使用することによって東日本大震災によって被災した地域や、 印刷工場の省エネルギー化=CO2削減活動に貢献することに繋がります。

 

一方で、横浜市では『横浜ブルーカーボン』という取組みを実施しています。 海洋に生息する生き物によって吸収・捕捉される炭素を「ブルーカーボン」といいますが、 『横浜ブルーカーボン』では、「ブルーカーボン」に加え、海洋におけるエネルギー等の利活用を「ブルーリソース」と名付け、 これらを一体として脱温暖化に取り組み、さらに、海辺環境の魅力を向上させることで「親しみやすい海づくり」を目指しています。

 

横浜市記者発表資料

横浜市記者発表資料

工事現場に掲示する資料

工事現場に掲示する資料

 

平成27年のカーボンオフセットおよび横浜ブルーカーボン寄附の報告

この度、石井造園株式会社は平成27年1月から12月までの企業活動から排出されたCO2のすべてをオフセット致しました。

 

工事名称 Co2排出量 カーボンオフセット 横浜ブルーカーボン
No.1 平成27年1~12月の企業活動 52-tCo2 60,000円 60,000円
No.2 花籠公園再整備工事 12-tCo2 23,000円 23,000円
No.3 野島公園護岸一部改修工事 7.1-tCo2 8,900円 8,900円

 


<h3>伐採材を再利用した薪の販売</h3>
弊社では、伐採等でゴミとなる木材を薪として再利用するため、おおよそ30cm程の長さに切り揃え、社屋前に積み上げ販売を行っています。薪は車一台(大小は問いません)500円で販売しています。その収入は弊社独自の緑化基金として活用をさせて頂いております。
<a href="http://www.ishii-zouen.co.jp/test/maki/">>>薪の最新情報はこちら!!</a>

&nbsp;

環境負荷報告

平成30年

12月の環境負荷報告
12月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 3232.75 5273.22 -2040.46
水道水使用量
ガソリン使用量 801.98 1,222.55 -421
軽油使用量 842.66 1,380.32 -538
電気使用量 980 kw 1,107 kw -127 kw
発電気量 2,504 kw 3,246 kw -742 kw

11月の環境負荷報告
11月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 4009.28 4820.49 -811.20
水道水使用量(10月.11月) 27 27 0
ガソリン使用量 789.27 1,023.84 -235
軽油使用量 1,261.50 1,385.93 -124
電気使用量 979 kw 1,077 kw -98 kw
発電気量 3,025 kw 3,227 kw -202 kw

10月の環境負荷報告
10月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 4748.06 4348.71 399.35
水道水使用量
ガソリン使用量 849.60 930.84 -81
軽油使用量 1,656.10 1,225.66 430
電気使用量 967 kw 1,080 kw -113 kw
発電気量 3,808 kw 2,931 kw 877 kw

9月の環境負荷報告
9月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 4098.71 4076.82 21.89
水道水使用量(8月.9月) 37 26 11
ガソリン使用量 831.73 881.84 -50
軽油使用量 1,327.46 1,415.45 -88
電気使用量 1,016 kw 1,024 kw -8 kw
発電気量 3,401 kw 4,099 kw -698 kw

8月の環境負荷報告
8月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 3009.04 3961.77 -952.73
水道水使用量(12月.1月)
ガソリン使用量 1,133.50 889.30 244
軽油使用量 1,132.46 1,469.42 -337
電気使用量 1,333 kw 1,141 kw 192 kw
発電気量 6,145 kw 4,729 kw 1416 kw

7月の環境負荷報告
7月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 2729.45 3224.98 -495.53
水道水使用量(6月.7月) 33 33 0
ガソリン使用量 1,142.18 979.82 162
軽油使用量 1,152.03 1,424.57 -273
電気使用量 1,399 kw 1,404 kw -5 kw
発電気量 6,872 kw 6,560 kw 312 kw

6月の環境負荷報告
6月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 2016.53 2591.17 -574.64
水道水使用量
ガソリン使用量 874.13 885.70 -12
軽油使用量 891.69 1,139.68 -248
電気使用量 1,119 kw 1,181 kw -62 kw
発電気量 5,493 kw 5,731 kw -238 kw

5月の環境負荷報告
5月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 2119.14 539.15 1579.99
水道水使用量(4月.5月) 32 24 8
ガソリン使用量 827.87 809.55 18
軽油使用量 1,064.75 639.59 425
電気使用量 1,036 kw 1,094 kw -58 kw
発電気量 5,858 kw 6,743 kw -885 kw

4月の環境負荷報告
  4月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 1632.95 1375.65 257.30
水道水使用量   ㎥    ㎥    ㎥   
ガソリン使用量 683.32 781.48 -98
軽油使用量 959.19 796.29 163
電気使用量 990 kw 1,019 kw -29 kw
発電気量 5,581 kw 5,731 kw -150 kw


3月の環境負荷報告
3月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 3073.85 2648.36 425.49
水道水使用量(2月.3月) 18 26 -8
ガソリン使用量 741.79 805.58 -64
軽油使用量 1,334.09 1,031.00 303
電気使用量 1,088 kw 1,223 kw -135 kw
発電気量 5,045 kw 4,784 kw 261 kw

2月の環境負荷報告
2月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 3203.25 3542.89 -339.64
水道水使用量
ガソリン使用量 724.90 622.88 102
軽油使用量 1,191.42 1,342.28 -151
電気使用量 1,019 kw 1,085 kw -66 kw
発電気量 3,962 kw 3,676 kw 286 kw

1月の環境負荷報告
1月分 前年同月 前年対比
Co2排出量 (発電気量はCo2換算でマイナス) 3171.07 4319.82 -1148.76
水道水使用量(12月.1月) 19 19 0
ガソリン使用量 718.05 594.53 124
軽油使用量 972.98 1,618.54 -646
電気使用量 1,045 kw 990 kw 55 kw
発電気量 3,025 kw 3,410 kw -385 kw

   

PAGE TOP